場面別対処法

どういう場面で,どのようなコミュニケーションをとればいいのか,ここで解説していきます。

コミュニケーションの内容は,看護師と患者のコミュニケーションなのか,あるいは看護師同士のコミュニケーションなのかによってかわるため,それぞれ分けて見ていきましょう。

 

看護師と患者のコミュニケーション

がん患者とのコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

循環器疾患患者とのコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

透析患者とのコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

認知症患者とのコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

自己免疫疾患患者とのコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

 

看護師同士のコミュニケーション

管理者とスタッフのコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

プリセプターとプリセプティーのコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

教育担当者と新人のコミュニケーション

準備中です ( TДT)

 

看護師と他職種のコミュニケーション

準備中です ( TДT)